優れたナンバー2の4つの特徴とは?

こんにちは、シンライフワークの河村です。

今回は、私見ではありますが、優れたナンバー2の特徴とはどんなものなのかについて、お話させていただきます。

全知全能のトップなんていない

『もっと良い策はないだろうか?』

『この決断は今するべきか』

と組織のトップ、経営者は常にどうあったらよいのかと考えています。

そして確固たる意志を持って進む過程において、迷いもあるのも事実。

そんな時、頼れる人間が自分の傍にいれくれたらどんなに心強いか、と思う経営者も少なくないと思います。

頼りになる優れたナンバー2は社内という枠から見出すこともできますが、外から獲得するという考え方もあります。今の事業や組織の状態を踏まえ、そのどちらにするのかは慎重に決めるべきかと思います。

「優れたナンバー2」の4つの特徴

①トップの最初のフォロワーである

信長型、秀吉型、家康型など、トップの資質を戦国時代の武将になぞらえて語りますが、どの武将にも優れた脇役、ナンバー2がいました。

その、トップを支えるナンバー2で最も大事な要素、特徴は、トップの最初のフォロワーであることだと私は思います。

トップは、様々な想いや構想を持っています。しかし、その想いが強すぎるがゆえに、抽象概念になりがちなところを、具現化し動かすためには、それを推進できる力が必要です。

事業を推進する社員が見た時に、社長が「ひとり裸で踊っている」と冷めた目で見てることなく、よく分からないながらも、まず先に『よーし付いていこう!』トップと一緒に裸踊りをするのが真のナンバー2です。

『トップがやっているのだから、一緒にやる』という、気概をもったナンバー2は頼りになる存在です。

②トップの名翻訳者・通訳者役である

大きなビジョンを掲げることに長けたトップとはいえ、社員、他人にわかりやすくその意志を伝えることが必ずしも得意とは限りません。未来を見据えたビジョンも、想いが大きいと、現実との乖離もあり、それを伝えることは意外と難しいものです。

言葉の言い換えは誰にでもできますが、トップの気質や、性格、どんな方向をもって事業を展開していきたいのかをトップ以上に理解をし、現場に行動レベルまで落とし込みができる力が必要なので、ただ雄弁に語れるだけでは役不足です。

トップの意向を踏まえつつも、現場が理解・納得・共感、そして行動するレベルまで橋渡しができるコミュニケーションの潤滑剤としての役割も優れたナンバー2に求められる資質です。

③トップの至らない点を補完し支える気概がある

当代第一の経営者であったとしても、時間は有限、そして体は一つ、何事にも限界があります。どんなに優れたトップでも、すべてを兼ね備えた人はいません。不足しているパズルのピースがあれば、それが何か把握して埋めに行き、トップが構想として描いているものを言語化し、より明確なビジョンになるような微調整を行う存在が必要です。

間違えの指摘や、意見は言うは易しです。それを補填するためには、トップのやりたいビジョンに対して本気で向き合う気概と知見、見識、 胆力を持ち合わせていることが不可欠になります。

④時にはトップに対し耳の痛いことも言う

トップと言えども、生身の人間です。四六時中事業のことを考えている中で、社会情勢や社内の状況により、果たしてこのまま進むべきか否か、と悩み迷う局面で方向性を見失い、時には暴走をすることもあります。

優れたナンバー2は、その状況をいち早く察知し、暴走する前に苦言を呈する気概が必要です。このようなケースでは、耳の痛い内容であることが多いですが、間違った判断で、組織が窮地に追い込まれないと考えれば歓迎すべきことです。

優れたナンバー2は、トップと組織全体のことを思い、トップにとって耳の痛いことであっても苦言を呈する気概があるのです。

それが出来るのは、トップがめざすものに共感し、それを共有しているからこそ。広い視野を持ち、確かな実力をもって、トップを支え、組織も支える、そんなナンバー2の存在は、トップにとって絶対的なものです。

お互いがお互いを信頼しているからこそ成り立つものでもあります。

まとめ

トップは孤独であるといわれますが、大きな決断をするときや、社運もかかるほど重要な案件の意思決定を行う時、一人の時間の中で、熟考して、意思決定をする準備をします。なぜかといえば、その案件に対して立場の違う人たちの意見を聴くことは大切なことですが、多種多様な意見に翻弄される状況では的確な意思決定はできないからです。

これまでに書いてきた、4つの信頼できるナンバー2の存在はトップにとっては必要不可欠です。

①トップの最初のフォロワーである
②トップの名翻訳者・通訳者役である
③トップの至らない点を補完し支える
④時にはトップに対して耳の痛いことも言う

事業の成長の陰には、必ずトップを支える優れたナンバー2、仲間の存在があります。

志を共にし、事業目的を実現する真の友・仲間という側面を持つ優れたナンバー2の存在は、心のよりどころであり、共に立ち向かっていく友と私は考えます。




オンライン・電話相談 30分5000円〜

申し込みはこちら

関連記事

  1. 緊急事態発生!有事であっても己を忘れない参謀役の役割

  2. 社長が求める相談役に必要な5つの事柄

  3. 社長指南役が果たす2つの役割とは?

  4. 会社にとって価値ある外部顧問とはどのような人か?

  5. 若手社長に必要な参謀役、ベテラン社長に合う参謀役とは?

  6. 組織が20人を超えたら指南役と共に組織構築をしましょう!