【今知りたい!】社長の支えとなるメンター(外部助言者)の見つけ方とは?

こんにちは、シンライフワークの河村です。

あなたにメンターはいますか?

最近では、メンターという言葉をよく耳にするようになりました。先輩社員が、新卒、中途採用を問わず新入社員に対して、相談役、指導、サポートをする役割を指すことが多く、離職率を抑え、スムーズに社内になじめるようにメンター制度を導入する企業は多くなってきています。

でも、それは新人に限ったことではなく社長を支えるメンターの存在もあります。

そんな人はどこにいるの?どういう人がいいの?

「今知りたい!」そんなあなたに、社長を支えるメンターの見つけ方についてお話を致します。

「社長のメンター」はどういうことをするの?

一言でいえば、「信頼ができる経営の指南役」です。

「会社を如何にして持続的成長させていくか」

「これからの時代、どう生き抜いていこうか」

その立場だからこそわかることは、家族、仲間に気軽に話せるものではありません。

社長とはいえども人の子です。100%絶対に正しいということはありません。

自分の知見で判断する以上に、「もっといいアイディアがあるのではないか?」「よい考え方がるのではないか?」ということを常に考え、ベストな舵取りをしたいと考えています。

そういう時に、指南役としてのメンターの存在は大変心強いものです。

もちろん、私自身にもメンターがいます。

激しく変わることが求められている今の時代、その時に違う視点や、経験値から最善のアドバイスを踏まえて、

確信をもって最終判断が自ら下せるということは、どれだけ心強いか計り知れません。

社長の私が思うメンターに求める4つのこととは?

メンターとなる人に社長が求める4つのことは

経営の悩みを率直に相談できる尊敬できる人格で、かつ信頼をおける人
豊富な実務経験、専門知識を持っている人
メンターがもつ人脈を通じて、実行可能な具体的なアドバイスができる人
仕事に限らず、プライベートな面も包括的に相談ができる人

こうしたメンターは仕事上のスキルだけではなく、人間力があり、魅力的です。

社長の悩みや、相談事は誰にでも話せることではないので、自分自身も尊敬でき、信頼を置ける存在であることが必要です。

迷ったときに、背中を押してくれ、経営者の良き先輩役として、プライベートなことや人生についても幅広くサポートしてくれるのが、私が理想とする「社長のメンター」です。

「社長のメンター」が担っていること

会社経営をしていれば、人、組織、顧客、売上、資金がらみで、悩ましいことが次から次へ起こります、。

中小企業の社長は1人で担うこともあり、休まる日が無いと言っても過言ではありません。

そうした中、「社長のメンター」が担ってくれることは、

・心の支え

・経営の実務サポート

・社長の経営力アップ

・社長のアクセル役とブレーキ役

・社長への諫言

社長を支えるメンターは、専門知識や業務経験、成功・失敗体験などを通して、事業支援、メンタル面もサポートできる力があるため、社長のロールモデルと言っても良いと思います。

メンターは自分で探し求めつくっていくもの

ではどうやってメンターを探せばいいのか?

業務系の顧問役は人材エージェントに頼めば紹介してくれますが、メンターはそういうわけにはいきません。

前述しているように、社長のメンターは経営の指南役でもあり、人の師でもある存在ゆえ、スキルがあれば誰でもいいというわけではなく、人格や相性も重要です。まず、あなたがその人を尊敬できるかどうか、ここが一番大事なところです。

『自分もあの人のようになりたい!』と思えるような人がいますか?

もし、いるようでしたら、まずはその人にアプローチしてみてはいかがでしょう。

自分に合った真のメンターとの出会いは、生涯で何人もいるものではありません。

メンターになってもらいたいと思える人がいたら、自ら働きかけて、その人を理解し、自分をも理解してもらえるように、積極的にコミュニケーションをとるといいでしょう。

このようにメンターは、積極的に探し求めていくものであり、そしてつくっていくものなのです。

なかなか自分ではよいメンターが見つからないという時は

私、河村があなたに合ったメンターをお探しいたします。もちろん、私自身がその役を担うことももちろん可能ですし、お話ししている中でそうなることは私にとっても嬉しいことです。

人をただ紹介することはできませんので、あなたとじっくりとお話をし、私自身があなたのことを良く知ったうえで良きメンターをご紹介いたします。

弊社シンライフワーク社は、何十年も経験を積んできた「プロフェッショナル・ガイド」つまりメンターとなることができる人がいます。

必要なタイミングで、その時に必要なことを指南してくれる、知恵と経験をもった、あなたを助ける人がきっと見つかることでしょう。

但し、使い勝手がいいというだけでメンターをお願いすると上手くいきません。

メンターへの尊敬念を忘れずに、師をも超えた存在として接することができればきっとあなたの役に立つ存在となるに違いありません。

余談ではありますが、メンターのいる経営者は、経営のみならず、人生の成功率も高いのではないかと勝手ながら思う次第です。

メンターは、あなたの会社、人生を変える力を持っています。

良きメンターに巡り合えますように!!




オンライン・電話相談 30分5000円〜

申し込みはこちら

関連記事

  1. 若手社長に必要な参謀役、ベテラン社長に合う参謀役とは?

  2. 組織が20人を超えたら指南役と共に組織構築をしましょう!

  3. 社長から見たナンバー2(右腕)の存在とは?

  4. 社長が求める相談役に必要な5つの事柄

  5. 社長指南役が果たす2つの役割とは?

  6. 起業時の相棒(共同創業者)は、どんな人を選ぶべきか?